ワキガに効くノアンデ は足の臭いにも有効?ブーツで蒸れても臭わない?

ワキガデオドラント剤として発売されているノアンデですが、足の匂いにも効果的なのはご存知でしょうか。足は靴や靴下で蒸れることもあり強烈なにおいを発することがあります。ブーツで蒸れた場合にも臭わないノアンデの効果をご紹介していきます。ノアンデを使って一日快適に過ごすことができます。

ノアンデは脇だけじゃなく足の嫌な臭いも無臭にしてくれる

ノアンデは脇に使用する場合が多いのですが、足に使用することもできます。手足の裏からの発汗量というのはかなり多く、足が臭いサラリーマンという表現があることや、女性の方でも一年中ブーツを履いている場合などは足が蒸れて臭いことがある様子です。

そんな場合にも、ノアンデを塗ることで臭いを緩和することができます。洗濯物などもそうですが、臭いが発生するのは、菌が繁殖することが大きな原因になっています。

その菌の増殖を抑えることができれば、脇であっても、足であっても、デリケートゾーンであっても臭いを少なくすることは可能です。この菌を抑えるに効果的な成分がノアンデには含まれていますので、足の臭いにも一定の効果があることが実証されています。

実際に足にノアンデを塗った方の口コミを見ると、気持ち多めにノアンデを足に塗った結果、自分でもにおわないし、臭いに厳しい家族から足がにおわなくなったという言葉を聞いたという方もいらっしゃいました。

公式サイトでは足に塗った場合の計測器による効果などはありませんでしたが、一般的には足の臭いにも効くのではないかと試す方は結構いらっしゃいます。足にも効果的なノアンデでこれからの夏を乗り切っていきましょう。

殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」が足の常在菌にも作用

ノアンデには殺菌成分の「イソプロピルメチルフェノール」が配合されています。「イソプロピルメチルフェノール」の効果は黄色ブドウ球菌の増殖の実験でも雑菌が繁殖しないことが実証されています。人間の皮膚にはもとから常在菌がいます。

足にいる常在菌 表皮ブドウ球菌・アクネ菌・黄色ブドウ球菌・マラセチア真菌
善玉菌
悪玉菌 白癬菌・雑菌・バクテリア

常在菌の中には善玉菌と悪玉菌がいます。足が臭いというのは悪玉菌の働きによるものです。この雑菌が餌となる角質などを分解するときにできる「イソ吉草酸」というのが臭いにおいの原因です。雑菌は温度(体温)や湿度(汗)、菌の餌(角質や皮脂)などが影響しています。

雑菌は温度が15度以上、湿度が70%以上になると繁殖します。足の中はじんわりと温度も高く、汗もかくので湿度も高い状態になっています。皮膚もありますので、エサにも困らず、雑菌が繁殖するには絶好の環境になっています。

そんな雑菌を殺菌してくれるのが「イソプロピルメチルフェノール」です。また制汗作用のある物質も含まれていますので、汗そのものを抑える効果も期待できるでしょう。足の臭いを取るのには、雑菌の餌となる皮脂や角質を落とすことや、雑菌そのものを取るために足を洗うことなども効果的です。

殺菌作用のあるソープなどを使用することもいいでしょう。朝お風呂に入った後にノアンデを足に塗ると、「イソプロピルメチルフェノール」による殺菌作用と「フェノールスルホン酸亜鉛」の制汗効果で湿度の低い環境で、雑菌の沸きにくい環境を作り出せますので、足の臭いの予防にもつながります。

朝足に万遍なく塗り込めば夜まで効果が持続する

足は範囲が少し広いので多めのクリームの使用になりますが、朝起きてから足を洗って清潔な状態にして、水分をふき取り、足にまんべんなくクリームを塗りこむと、一日夜まで効果を実感できます。

雑菌の増殖の実験では48時間後も雑菌がわかない状態が保たれていますので、常在菌が存在している足の場合でも、雑菌が増殖しない状態を保つことが可能です。足にノアンデを塗る場合には、足のケアもしっかり行っていくといいでしょう。

足の角質などをキチンととることも重要です。

かかとや足の裏ががさがさと角質が溜まっているような場合には角質ケアを行うなどの足のケアをしておきましょう。かかとがひび割れている場合には目の粗いやすりで磨くといいでしょう。やすりで磨く前には、足をしっかり洗って清潔な状態にしておきましょう。

やすりで削った後はきちんと角質を保護するために保湿クリームなどを塗ってケアしておくといいでしょう。こうした定期的なケアも足の臭いを除去するためには必要になってきます。これらのケアをしても匂うという場合にはノアンデの力を借りるのもいいでしょう。

足の常在菌は誰でも持っているものですので、ワキガなどでない場合でも足は匂うという場合もあります。

清潔な足にノアンデを塗る

ノアンデを塗る場合にはできるだけ足は奇麗な状態がいいでしょう。朝塗るのであれば、お風呂に入った後などがいいでしょう。

お風呂に入る習慣がない場合には朝、石鹸などで足を洗うと夜に分泌された汗や皮脂を洗い流すことができます。しかし、常在菌には悪い菌から足を守るという効果もあります。善玉菌も存在していることになりますので、洗いすぎには注意しましょう。

殺菌はほどほどにしておいて、あまりごしごしと洗うことは止めた方がいいでしょう。さっと石鹸で洗う程度でOKです。

そしたら、ノアンデを塗って靴下をはくといいでしょう。ノアンデを塗るときには足の指の間など蒸れやすい部分もしっかり塗るといいでしょう。足は蒸れやすい環境ですので、ノアンデで制汗効果があるのも臭いを発生しにくくなる効果があるでしょう。

ノアンデは蒸れた足の臭いもブロックして1日中安心

一日靴下をはいて靴を履いていると蒸れている環境になりますので、菌が繁殖するのには絶好の環境になっています。ノアンデを使って、菌の繁殖を抑えて、一日に臭わない足がキープできるといいでしょう。

足の臭いには朝一回塗るだけで一日効果が期待できます。もう、周りから足が臭いといわれることも、自分で足の臭いが気になって靴が脱げないということのもなくなるでしょう。ノアンデを塗ると制汗作用があるので、靴下を厚目のものをはいていた場合でも足が蒸れないという感覚が実感できます。

湿度をコントロールできることも雑菌が繁殖しにくくなって匂いの予防になります。靴は毎日陰干しして同じ靴を履かない方がいいでしょう。

匂いが出る仕組みは少し違う

足にはアポクリル腺は存在しないので、普通の汗が出るエクリル腺のみ存在していますので、あの汗臭いにおいというのは発生しません。

ほぼ菌の増殖の際の副産物で臭うことになりますので、雑菌を繁殖させないことがポイントになります。そのためにはノアンデの「イソプロピルメチルフェノール」が効果的です。その他にも臭いを消すことで知られている柿渋エキスなどの植物性由来の成分も配合されていますので、ダブルで効果が期待できます。

足の発汗量はコップ一杯程度にもなると言われていますので、効果的に汗を抑えて群れを防ぐことが必要になることがお分かりいただけるかと思います。ノアンデは、足よりも皮膚の薄い脇やデリケードゾーンにも使えるクリームですので、足に使った場合でもかゆみや腫れなどはあまりないでしょう。

ノアンデを使えば足の汗が減りますので、足の角質をケアすることにもなりますし、美しい足を取り戻すことも可能です。

足と脇は匂いの出る仕組みが少し異なりますが、ノアンデを使えば足の臭いにも対応できますので、足の臭いが気になるという方にも、ノアンデはお勧めしたいデオドラント剤です。