子供のワキガ対策に最適なのは?ノアンデは子供に使っても大丈夫?

汗っかきのお子さんなどを持つと匂いが気になることもあります。特に思春期になってくると匂いや外見などには敏感になってくる年頃です。そんなときに、ワキガの症状が出たりすると臭い!と言われることや、臭いと言われて避けられるなどといじめのきっかけになることも考えられます。そんな場合にもノアンデで対策を立てていきましょう。さりげなくノアンデを渡して体臭ケアをしていきませんか。

子供のワキガ手術は再発の可能性が高いのでまずはクリームを

子供のワキガ手術は、アポクリン腺が斉唱しきる前に手術しても再発する可能性が高いです。ですので、小さいお子さんでも匂いが気になる場合でも、最低でも高校生くらいになるまで待った方がいいでしょう。

また、ワキガは体質になるので、病気ではなく、手術するかどうかは本人が最終的には決めることでもあります。手術には以下のような方法があります。

手術方法 内容
皮弁法・反転剪除法
(はんてんせんじょほう)
わきの下にメスを入れて、皮膚を返して、アポクリン腺を目で見ながら取り除く方法です。傷跡はできますが、一つずつ確実にアポクリン腺を処理します。保険適用が可能で、35,000~50,000円程度(自由報酬の場合は30万円前後)になります。
皮下組織吸引法 わきの下を小さく切り、管を差し込んで、アポクリン腺を吸引する手術方法です。傷跡は小さめですが、アポクリン腺が残ることが多く、再発しやすいです。保険適用はされず、自由診療で15万円ほどです。
ミラドライ 皮膚の上からマイクロ波をあてることにより、汗腺を破壊する方法です。
多くのアポクリン腺を処理でき、臭いは7割程度に軽減します。メスは使わない方法です。保険適用外の自由診療で費用は35万円程度です。
ビューホット 皮膚の上から高周波を当てて汗腺を破壊します。保険適用外で30万円前後です。メスを使わない最新の治療方法です。

お子さんが小さいうちには、手術は保留しておきましょう。将来的には手術を行うのもいいですが、お子さんがまだ小さい場合には、クリームなどで対策を立てるといいでしょう。

ノアンデの場合には、肌が敏感な思春期のお子さんの場合でも安心して使うことができます。合成添加物などは無添加であり、天然の植物成分を使った天然素材のクリームになっていますので、安心して塗ることができます。

ノアンデは肌が敏感な思春期の子供でも安心して使える無添加処方

ノアンデは天然成分由来のワキガ用デオドラント剤ですので、肌が敏感な場合でもお使いいただくことができます。配合されている成分は、天然由来のものですので、安心してお使いいただくことができます。

肌荒れなどのも200人の方がパッチテストで問題なかったと言っているので、敏感肌の方でもお使いいただけます。ノアンデもいいですが、ここで、自分で作れるデオドラント剤をご紹介しましょう。ミョウバンを使ったデオドラント剤です。

ミョウバンは、世界最古のデオドラント剤と言われています。

材料 焼きミョウバン 50g
水道水     1.5L

焼きミョウバンをペットボトルに入れて水道水を注ぎます。保存がきくので、塩素が入っている水道水を使用してください。焼きミョウバンは100gあたり200円程度でスーパーに売られています。良く振ってミョウバン液が透明になったら完成です。

作ったミョウバン水は冷蔵庫で1か月ほど保存することが可能です。スプレー容器に入れて脇にスプレーすれば簡易手作りデオドラント剤の完成です。お子さんと一緒に作ってみるのもいいでしょう。プチプラでできますので、おすすめです。

汗はこまめに拭こう。

匂いの元になるのは、汗や皮膚などの分泌物と汚れや雑菌などです。寝ている間にも汗や皮膚などが分泌されているので、朝出かけるときに入浴することが効果的です。

ノアンデを使用する場合にも朝時間があればお風呂に入って清潔にしてから使用するといいでしょう。また、汗をかいたときにはこまめに拭きましょう。毎日お風呂に入っていた場合でも、汗をかくと匂います。

汗をかいてそのままにしておくと、雑菌が繁殖してしまうので、悪臭の原因となります。汗をかいたらウエットティッシュなどでこまめにふき取るだけでもかなり匂いが緩和されます。

市販のデオドラントは添加物で肌が荒れてワキガが悪化する可能性も

市販のデオドラント剤も数多く含まれていますが、着色料は保存料など合成添加物が多く含まれているものも多いです。思春期には肌が敏感な場合も多いですので、使う薬品には気を使いたいところですが、市販の刺激の強い制汗剤を使用していると肌が荒れてワキガが悪化する場合もあります。

肌が荒れると雑菌が繁殖しやすい環境になります。また、市販のデオドラント剤を使用する場合には、使用方法に注意が必要です。効果的に制汗剤を使用するのであれば、ワキガの人の場合はスティック(ロールオン)タイプの制汗剤がおすすめです。

ワキガの匂いの原因となるのは、アポクリン腺からの分泌物質になるので、この分泌物質が出てくる汗腺の穴をふさぐスティックタイプの商品を使用するのがいいでしょう。スプレータイプのものだと、汗腺を防ぐ作用が少ないです。

またスプレータイプのものを使って、香りでごまかそうとすると、臭いが混ざって、恐ろしい悪臭になることもありますので、無香料のものを使用した方がいいかもしれません。肌荒れが起こると雑菌が繁殖しやすい環境になりますので、ワキガが悪化する可能性もありますので、注意が必要です。赤みなどが出たら使用を休止することをお勧めしたいです。

いじめに繋がる子供のワキガの悩みは安全なノアンデで早めの対処を

子供が自分のワキガに気づいていない場合には、家族や周りの大人の対応も重要です。それとなく匂いを気にするように導いてあげることが必要になります。

子供に対して、臭いと言ってしまうのは友達同様に子供を傷つけることにもなりますので、避けましょう。体臭が気になる場合には、子供にも体臭に興味を持ってワキガ体質であることを自覚してもらうことがいいでしょう。

子供の匂いが気になるという場合には、まずはクリームで対策するように話をしていけるといいでしょう。市販のデオドラント剤を使っているのであれば、こっちの方が効き目があるのだよ。とノアンデを渡してみるのもいいでしょう。自分で気にしているお子さんの場合にはノアンデが勧めやすいでしょう。

まずは自分が気になるという感じで切り出す。

友達の反応などから少し変化がみられるようなことがあれば、こんな対策方法があるよ。とノアンデを進めてみるのもいいでしょう。ノアンデであれば朝一回塗るだけですのでお子さんであってもケアが簡単にできます。

自分が体臭を気にしているのだという感じで切り出すのもいいでしょう。

「汗をかくと体が匂っている気がするのだよね~。」と話すことで
「あれ?自分もかな?」と子供も気にしてくれるかもしれません。

ワキガは自分で気づかない場合も多いですので、できるだけ子供を傷つけないように体臭ケアを行うように言葉を選ぶといいでしょう。ノアンデは持ち歩いても、ワキガ用だとはだれにもばれませんので、部活の後に汗をかいた後などにも汗をしっかりふき取った後で、

「臭いが緩和されるのだよ。」

ということを伝えれば、汗拭きシートと一緒にノアンデを使うのもいいでしょう。あまりに気になる場合には手術をする方法もありますが、本人の意思もありますので、傷つけないようにまずはノアンデなどのデオドラント剤で対応するといいでしょう。